診療活動報告松戸おもちゃの病院の診療活動のご報告です。 松戸おもちゃの病院:Matsudo-Toy-Hospital

診療に来られる方へ 開催場所・日程 診療活動報告 団体紹介 お問い合せ

診療活動報告

松戸おもちゃの病院 TOP >>

診療活動報告:REPORT

※写真をクリックすると拡大表示されます。
記事一覧 過去ログ RSS

記事一覧

特別診療 2018年11月3日(土)青少年会館 文化祭 : 投稿日2018年12月21日

UPLOADFILE 184-1.jpgUPLOADFILE 184-2.jpgUPLOADFILE 184-3.jpg

11月3日(土)、青少年会館 文化祭にて特別診療を行いました。

診療受付:15件
     リモコンカーの修理が6件と多く、全て入院となりました。

ダーツ遊び:250名
ペーパークラフト作り:100名

参加ドクター:11名


特別診療 2018年11月11日(日)馬橋ふれあい広場 : 投稿日2018年12月20日

UPLOADFILE 183-1.jpgUPLOADFILE 183-2.jpgUPLOADFILE 183-3.jpg

11月11日(日)に開催された馬橋ふれあい広場にて特別診療を行いました。

診療受付:6件
     うち入院が1件
参加ドクター:6名

件数が少なかったこともあり、余裕がありました


2018年10月の活動報告 : 投稿日2018年11月15日

UPLOADFILE 182-1.jpgUPLOADFILE 182-2.jpgUPLOADFILE 182-3.jpg

10月に行った診療の一部をご報告致します。

診療ケース1【ミュージックスタンド】
「症状」
 スイッチをオンにしても反応がない

「診断」
 電池BOX内部の汚れなし
 内部の配線切れか

「治療内容」
 電池BOX裏のコードが電極より剥がれていた
 ハンダ付けにて接続し、反応あり。正常作動

「コメント」
 楽しんで遊んでください



診療ケース2【犬のぬいぐるみ】
「症状」
 歩かない

「診断」
 モーター音なし
 コードの断線かギアの一部の異常か、声も出ない

「治療内容」
 断線なし

 ギアが正常な位置からズレて引っかかっていた
 →位置の調整と固定
 声はフイゴの破損
 →和紙にて補修

「コメント」
 骨折しないようにしてください



診療ケース3【手持ちミュージックタンバリン】
「症状」
 音が出ない

「診断」
 電池BOXの汚れがひどい

「治療内容」
 サビ落としと清掃にて正常に反応しました

「コメント」
 軽症で良かったです。スイッチの切れ忘れに注意してください


2018年9月の活動報告 : 投稿日2018年10月18日

UPLOADFILE 181-1.jpgUPLOADFILE 181-2.jpgUPLOADFILE 181-3.jpg

9月に行った診療の一部をご報告致します。

診療ケース1【オルゴール付き人形】
「症状」
 ゼンマイ巻き上げ鍵がなくなった

「診断」
 外形には異常はなく、ゼンマイを巻き上げれば正常に音楽が鳴るはずとのこと
 鍵作成にとりかかる

「治療内容」
 在庫備品のボルトを利用してゼンマイを巻くT型の鍵を作成した

「コメント」
 巻き上げて正常に音楽が再生されました
 古い人形ですがお手入れが行き届いた状態の良い逸品です



診療ケース2【サウンドキューブ ひらがな】
「症状」
 音声が正常な反応を示さない
 (音声が出なくなったり次の段階に進まない)

「診断」
 音源端子(電極と電導ゴム)の接触不良と思われ、清掃するも状況変わらず
 基盤につながるフラットケーブルの断線と思われる

「治療内容」
 フラットケーブル(8本組と4本組)2セットが断線
 手持ちの6本組2セットを使って結線で正常に反応が戻りました

「コメント」
 ケーブルの劣化と衝撃によると思われます
 大事にお使いください



診療ケース3【ダーツ遊び用具制作】
「症状」
 イベント参加用に子どもたちの大好きな遊び道具を手作り

「診断」
 ダーツボードは収納持ち運びを考え布製で仕上げる
 ダーツはお手玉に工夫を重ねる

「治療内容」
 布製ボードは布材の選択、赤白黒の三色の組合せ、型紙おこし、ミシンがけ、アイロンがけで仕上げ
 お手玉ダーツはマジックテープを縫い付けて完成

「コメント」
 春先にスタートし、9月末に完成し、9月30日の矢切ふれあい広場で大好評になりました


特別診療 2018年9月30日(日)矢切ふれあい広場 18 : 投稿日2018年10月18日

UPLOADFILE 180-1.jpgUPLOADFILE 180-2.jpgUPLOADFILE 180-3.jpg

診療受付:4件
参加ドクター:4名

設置したダーツ遊び
 参加者63名 大好評でした


特別診療 2018年9月29日(土)おやこDE交流まつり小金原 : 投稿日2018年10月18日

UPLOADFILE 179-1.jpgUPLOADFILE 179-2.jpgUPLOADFILE 179-3.jpg

診療受付:8件(すべて入院となりました)
参加ドクター:4名

難病が多く苦戦の連続でした。
中学生にもお手伝いしていただきました。


2018年8月の活動報告 : 投稿日2018年09月17日

UPLOADFILE 178-1.jpgUPLOADFILE 178-2.jpgUPLOADFILE 178-3.jpg

8月に行った診療の一部をご報告致します。

診療ケース1【プラレール リニアモーターカー】
「症状」
 動かない

「診断」
 電源に汚れあり
 モーター関係の接触不良あり

「治療内容」
 電池BOXの清掃
 モーターと電極をハンダ付
 内部ギアの組合せ修正

「コメント」
 運行開始、出発進行!



診療ケース2【ファービー人形】
「症状」
 声が出ない、動きもない

「診断」
 電池BOXの汚れ(電池の液漏れ)がひどい
 写真右側のプラス電極の破損

「治療内容」
 電極の汚れ落としと研き
 プラス電極の作成と取り付け

「コメント」
 他に不具合もなく復活しました



診療ケース3【ショベルカー】
「症状」
 音響とショベルの動作は正常。アームの動きのみ反応しない

「診断」
 アーム駆動のモーター、配線関係に不具合か

「治療内容」
 アーム駆動のモーター単体に異常はなくモーターに関連するコイル(抵抗)2個に反応なし
 →2個交換で完治

「コメント」
 ハンドルの無理動作(押しすぎ、引きすぎ)に注意してください


特別診療 2018年7月24日(火)小金市民センター : 投稿日2018年08月18日

UPLOADFILE 177-1.jpgUPLOADFILE 177-2.jpgUPLOADFILE 177-3.jpg

さる7月24日に行われた小金市民センターでの特別診療の報告です

診療受付:14件
うち入院案件は3件
参加ドクター:6名

事前予約も多く、難航も予想されましたが、効率よく診療が進み、入院はわずか3件で終了いたしました


2018年7月の活動報告 : 投稿日2018年08月13日

UPLOADFILE 176-1.jpgUPLOADFILE 176-2.jpgUPLOADFILE 176-3.jpg

7月に行った診療の一部をご報告致します。

診療ケース1【アンパンマン おしゃべりぬいぐるみ】
「症状」
 おしゃべりが不安定
 頭、鼻、胸、両手、両足の7箇所をタッチすると種々違ったおしゃべりをするはず

「診断」
 基盤内部の接触不良と断線

「治療内容」
 右手のセンサーの断線
  →基盤写真右上から3番目をコネクターを通さずハンダ付け
 下の3つがコネクターと基盤接触不良
  →細い線でハンダ付け

「コメント」
 7つのセンサーが復活し、元気におしゃべりを開始しました



診療ケース2【ミニーの扇風機】
「症状」
 扇風機の羽がまわらない

「診断」
 スイッチの手応えなし、断線か

「治療内容」
 スイッチ交換にて治療終了

「コメント」
 仲良くまわりました



診療ケース3【お礼のお手紙】
おもちゃは6月に修理完了していたのですがお母さんの都合で7月4日に受け取りにいらっしゃいました。お子さんはカレンダーに印をツケてその日を心待ちにしていたそうです

7月4日にお子さんから喜びの手紙を手渡しでいただきました。治ったおもちゃを見て、ぴょんぴょん喜んでいました

一同笑顔になりました
おもちゃのドクターも、喜んでいただけて大変嬉しかったです


2018年6月の活動報告 : 投稿日2018年07月09日

UPLOADFILE 175-1.jpgUPLOADFILE 175-2.jpgUPLOADFILE 175-3.jpg

6月に行った診療の一部をご報告致します。


診療ケース1【犬のぬいぐるみ】
「症状」
 左前足骨折

「診断」
 左前足骨折、尻尾骨折、スイッチ不良、電池BOX電極の折れ

「治療内容」
 左前足骨折治療及び尻尾は折れた部分に針金を曲げて接続し、接着剤で固定
 スイッチは分解して研磨再組み立て
 電池BOX電極は制作

「コメント」
 電池は早めに交換してください
 弱くなると鳴かなくなります。この時点で電池を交換してください


診療ケース2【ディズニー オルガン】
「症状」
 音が鳴らない

「診断」
 鍵盤を押しても不具合感あり
 内部構造を見る

「治療内容」
 押された鍵盤をもとに戻す役割の「ゴム」が弱くなり「力」が伝わっていない
  →代用品がなく、ねじって強めることで解決
 音源に空気を送り込む「フイゴ」の「フタ」が引っかかりで閉じられない
  →正常に戻し解決

「コメント」
 大切に使ってください


診療ケース3【プラレール ウィルソン電車】
「症状」
 動かない。音も出ない

「診断」
 音源が駆動とは別系統でスピーカーの接触不良か
 駆動は電源不良か断線か

「治療内容」
 音源はボタン電池が容量ゼロ
  →電極清掃と電池交換で完治
 駆動系統は断線があり、+-とも配線を替えハンダ付けにて復活

「コメント」
 元気に走るようになりました